« 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 17. | トップページ | 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 19. »

2014年10月 7日 (火)

北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 18.

北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 18.

Dscn431812時半にブリクスダールのレストランで、ホワイト・アスパラガスのクリー

Dscn4322ム・スープと鱒のグリルの昼食後、バスは3時間掛けて南

Dscn4321側161kmに位置するソグネ・フィヨルドに向

Dscn4330かいました。バスの車窓からは、ノルド・フィヨルドを眺めたり、人口3000人のシエイの町を見たりしました。途中の道で印象深かったのは、ラールダールとアウルラン間の全長24.5kmで、ヨーロッパ最長といわれる「ラール・ダール トンネル」を通ったことです。バスの運転手は気を利かせて、私たちがこのトンネルを観察できるように、降車時間をつくってくれました。

Dscn4332トンネルの中に、三叉路があったり、明るい光線でライト・アップされた「車

Dscn4329の待避所」も設けられていました。スエーデンやノルウエーを旅行して気づくのは、固い岩石で囲まれた地に、道路やトンネルを造る技術に優れていることです。ノーベル賞の創設者で、ダイナマイトの発明者でもあるアルフレッド・ノーベル(1833-1896年)を生んだ北欧の「ダイナマイトによる建設技術の蓄積」が花開いているのかもしれません。

Dscn4323その後、バスはソグネ・フィヨルドの北岸のマンエラー港に着き、ソグネ・

Dscn4327フィヨルドのカー・フェリー渡しに乗って、対岸のフォンデス港に渡りました。ソグネ・フィヨルドについて、案内書は次のように説明しています。「ヨーロッパで最も長く、最も深いフィヨルドが、ソグネ・フィヨルド。長さ204km、水深は最深部で1308m。ベルゲンの北から内陸に延び、先にゆくほど、何本もの細いフィヨルドに枝分かれしている。」…と。

Dscn4334_2フォンデス港から、さらに1時間・52kmのドライブで、午後6時にこの日の宿

Dscn4339泊地・フラム港のフレット・ハイム・ホテルに着きました。正

Dscn4335面玄関からホテルを見ると、ここが港町であるという感じはしませんが、海陸の主要な拠点のようです。ホテルの内装もなかなか洒落ていました。    つづく

|

« 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 17. | トップページ | 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 19. »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 18.:

« 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 17. | トップページ | 北欧4ヵ国周遊 10日間の旅 19. »